たかざとログ

0歳息子、夫婦正社員共働きのブログ。ジーナ式子育てのログや、保育園のこと、作ったモノ中心にゆるゆると。

育休終わりにあたって雑感など

こんばんは、たかざとです。


2018年12月に息子(第一子)を出産して、

今日まで育休中でございました。

 

 
そう、

世間ではGW10連休の最終日ですが、

私にとっては今日が育休最終日でもあります。

 

f:id:takazato:20190506234401j:plain

育休ラストナイトは少しだけ息子を夫に任せてコーヒーを飲みに来ています



 

率直な今の気持ちは、

本当に親子3人やっていけるのかな」5割

「仕事&人間関係のブランク、大丈夫かな」1割


そして残りの4割

「休み終わるのやだー!!」

です、笑。

 
このブログは自身の心境のログでもあるので

今回はその所感をつらつら書こうかと。

 

 

 ■目次■

 

 

 

本当に親子3人やっていけるのかな

 

これがねー、ほんとに大きいんです。

私たち夫婦は元々子どもを欲さずにDINKSで

お互い楽に生活していたんですよね。

 


ざっと11年!

 
その間、結構楽しく、仲良くやってきました。

いま35歳ですけれど、結婚してから今までの11年、

出かけるときは手を繋ぐ夫婦だったりします。

 
病気になったり、たまに喧嘩することもあったけど、

美味しいものを食べたり、映画を観たり、

色々なところに遊びにいきました。

 
仕事柄、2人で過ごす時間が多くなかったこともあって、

ただ夫婦で暮らすだけで充分だったんですよね。

 
でも環境や心境の変化から

(転職やら高齢出産ボーダーの年齢になったことが大きい)

子どものいる生活もいいかもね、と思うようになって

その後、幸い息子を授かったんです。

 

出産から今までの約5ヶ月は、

私の人生の中でも、おそらく夫の人生においても

飛び抜けて怒涛の日々で、

しかもそこには「息子を育てる」という

外し難き親の責任がずっしりくっついている。

 

もちろん望んで子どもを授かったわけで、

ある程度覚悟はしていました。

肉体的・精神的な大変さや、経済的な責任感とか。

 
でもこうして明日から仕事を再開して、

バタバタな生活が戻ってくる、と思うと、

そしてそこには新たに小さな息子が加わっていて、

…と思うと、やっぱりたじろぐものがあります。

 

 

保育園に息子は元気に毎日行けるだろうか、

大人が健康で息子との3人の生活を守れるだろうか、

経済的にやっていけるだろうか、

毎日のタスクに追われて家族の誰かがボロボロになったりしないだろうか、

 
もちろん育休中だって考えていたことなんですけど、

復帰前のナーバスからか、不安が膨らんでいます!(ちからいっぱい)

 

 

仕事&人間関係のブランク、大丈夫かな


まぁ、↑上の不安に比べれば10分の1くらいの

悩み感ですがw

これもちょっと不安です。

 
私は産休と育休を合わせて

11月上旬〜翌4月末までの約半年をお休みにしました。

 
ただ、産前に切迫流&早産の診断で3ヶ月在宅勤務にしていたので、

社内的にはもっと長く顔を見てない人扱い。

 


社会人になって、今の会社は4社目で3年目。

 
社内のポジションはヒラですが

先輩社員と私、あとは派遣社員1名の3人で担当している

チームなので、戻ったら早く仕事のペースを取り戻さないとなぁ…

というところ。

 


職場の人にはかなり恵まれている方ですが、

いかんせん他部署の入れ替わりが激しく

なおかつ社長も変わったばかり。

 


外資系なので正直 組織変更、給与カット、諸々

何が起きるか分からない雰囲気があります。

 


あと、たしかに恵まれているんですが、

人間関係って

いつ風向きが変わって過ごしにくい空気になるか

分からないヒヤヒヤ感もあるんでね…

 
ありますよね、そういうの…

 


正社員・派遣社員、

結婚・未婚、

子持ち・子ナシ

残業量とか…

 


復帰後、そこの地雷を踏み抜かないよう

気をつけなければと思ってます。

 


なんか生々しくてアレですが…

 


いや、良い人もたくさんいるんですよ!

お互い気持ち良く働くためにね、そういう事も

考慮いるね、ということです。

 

休み終わるのやだー


どんどん軽いハナシになります、笑。

 


子どもと離れたくない!という気持ちよりは、

単純に夏休み最終日みたいな、

自分たちのペースで過ごせる日々が

終わることへの嘆きですね…。地がナマケモノなので。

 


いや、働くことは続けたかったし、

だからこその保育園0歳4月入園だったし、

経済的にも自分の性格的にも

ここで復帰することに十分納得してる結論なのですけど。

 


あ、

息子と離れる寂しさももちろんありますよ!

 

 


ということで、復職直前の気持ちをつらつら

書いてみました。

ブログは自分語り炸裂しても

ここで静かに炸裂してるだけだからいいよねー!(深夜のテンション)

 


では。